FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小麦ラボ ⅲ

*** 小麦ラボ ⅲ 2017.9.24 sun

3回目のラボは、1回目2回目と参加してくれたパンと焼き菓子、ココペリの店主の花ちゃんのお力をお借りして、パンの実験をしました。

旬くんの小麦は農林61号という日本産小麦の代表的な品種で、主にうどん用に使われる中力粉です。

パンを作るのは、もう少しグルテンの多い強力粉が使われるのが一般的ですが、パンが大好きなわたしは旬くん小麦のパンが食べたいとワガママをいい、花ちゃんに協力依頼をしました。

前回のラボで、ナンを発酵させたときに去年と今年の麦に発酵の違いも出たので、そこももう少し注意して実験したいと思いました。

今回実験したパンの種類は、シンプルな丸パンとバターロール。
レシピは花ちゃん自身のパンレシピを使わせていただき、去年と今年の小麦粉(全粒粉+ふるった粉)でつくりました。



粉が計られ、滑らかに捏ねられていきます。
花ちゃんの自然なパンを捏ねる手つきに見とれていたら、あっという間に生地が出来上がっていきました。

中力粉で発酵が難しいかもと花ちゃんも予想していたので、心配しながら膨らむのを待ちました。テーブルの日向に置いて自然発酵。







予想した通り発酵力は普段花ちゃんが焼いているパンに比べて弱かったです。製粉法の違いによる麩が多いことも理由にありそうです。

森の上のオーブンはガスオーブンで、温度や火加減も自身で見なくてはならないのでドキドキでしたが、花ちゃんのお陰でパンは無事に焼けました。





早速みんなで、焼きたてのパンをいただきます。小麦の香りがして、噛みごたえのあるパンでした。フワフワというよりしっかりハード系です。
白パン、バターロールどちらも小麦の味がしてとっても美味しかったけれど強いて言うなら、バターの風味が強いバターロールよりもシンプルな丸パンの方が何となく旬くん小麦の香りが生かされてよりいいなぁと思いました。






小麦粉とレシピの相性があるという貴重な実験でした。

そして今回のラボは、次回のイベント小麦サロンを開くためのメニュー開発のためのラボでもありました。これまで行った3回は友人たちを招いての会でしたので、もう少し輪を広げた気軽に来て小麦を味わってもらうサロンを開きたいと思ったのです。

そこで今回はパンの実験の他に、お菓子作りの得意な友人のむつみさんに、自宅で旬くん小麦のクッキーとクッキーを使ったチーズケーキを試作してきてもらいました。

ザクザクのクッキー、小麦粉のふすまが美味しく食べられ、試食の成果はいい感じでしたが、クリームチーズとの相性がもっと美味しくなるはず!ということで、今後の研究課題となりました。

パンやケーキを食べながら、お客様に旬くん小麦を味わってもらうにはどんなメニューがいいか、ゆるりと話し合いをしながら…とっても美味しいお茶会の第3回ラボでした。

試作を協力をしてくれた花ちゃん、むつみさん、試食を一緒にしてくれたうっちー、さっちゃん、どうもありがとうございました!

さて来月はいよいよ、月とムギのサロンの初回です。
今回のラボをふまえて、どんなメニューが採用されるでしょうか。 つづく



( 森の上のピアノを弾きながら サロンのイメージを膨らませます いつか小麦のいい香りが漂う素敵なライブも行いたいですね)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yuka natori

Author:yuka natori
都会で育った私はあるとき自然豊かなオーガニックの美しい畑に出会い、さまざまな出会いの中で小麦粉屋さんを開くという本当に心からやりたい夢を見つけました。これからその夢を叶えるべく、新たな旅がはじまります。
夢見る挽きたての小麦粉屋さんが実際にお店として開店するまでの軌跡をこのブログでお伝えしたいと思います。

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。